0歳〜20歳|スポーツ サーフィン パソコン

0歳~10歳 幸福度 ★★★★★ | 11歳~16歳 幸福度 ★ | 17歳~20歳 幸福度 ★★

佐山 義次。神奈川県藤沢市生まれ、藤沢育ち。日本人。スポーツや音楽が好きで、中学校までは野球、高校からは同級生の影響でサーフィンに熱中する。学生時代には、サーフボード工場、サーフショップ勤務経験も有り、波乗り生活に魅せられていく。

10歳くらいまでは、学校の勉強にも多少興味を持っていたが、以降、学校教育に無関心になる。

他者に雇われる事に抵抗が有る性格は、大人になっても変わらず、団体行動も好まない。1人または少数で黙々と何かにハマる事が好き。

Windows98搭載ノートパソコンを初めて手に入れたのはこの頃。

21歳〜26歳|千葉一宮 将来不安 柔道整復師 サーフィン 千葉館山

21歳~25歳 幸福度 ★ | 26歳 幸福度 ★★

特に本気の将来設計も無く、ふわふわ適当に過ごしていた。当時サーフィンの為に、2020年東京オリンピック会場になった千葉県一宮町に住んでいた。そんなある時、僕は将来の自分を具体的に想像した。このまま歳を重ねていくと間違いなく訪れる、25歳、30歳の自分自身。これはまずい!と思った。すぐに地元に戻り、消去法で、将来の道を一旦決める事にした。

専門学校で、筋肉と骨格を中心とした、身体の作りと機能を3年間学ぶ。その間、サーフショップ勤務や、JPSA(日本のプロサーフィン団体)試合会場初の選手ボディケアブースを出すなど、有難い機会に恵まれる。

スマートフォンが登場したのもこの頃。しかし、まだその価値を正確に理解できていなかった。

27歳〜28歳|挑戦 独立 暇 ネット社会 SEO

[27歳~28歳]幸福度 ★★ 

たいした経験も無いまま、27歳の時、地元で接骨院を開業。患者はオープン当初からすぐに来ると、誰かから聞いてはいたものの、来ず。暇だったので、週に4日間ほどは途中で院を閉め、波乗りや買い物に。そして、患者が増える事も無いまま、開業半年後には辞める事も考える。

しかし開業7ヶ月目、転機が訪れた。それは、ガラケーでのITマーケティング戦略だった。戦略といっても、ただ暇な時間で、ガラケー専用のホームページを、CMSを使って作っただけ。すると、数日後にはそのホームページを見て患者が来た。あっと言う間の反応だった。これは面白い。ちなみに当時はまだ、CMSが市場に出始めた頃だった。

僕は次に、パソコン用のホームページを、これまた日本上陸したてのCMSを使って作った。そしてまたそれを見て、患者が来た。サイト上の文章や内容には、院の情報と僕自身の個性がわかる内容も混ぜた。これには、客層を調整する効果が有ったと思う。

ただホームページを作り、SEO対策をしただけで、院の経営は一気に上向いた。この結果を作れたのも、「時代の少し先を読み、他者より早く行動する事がたまたま出来ていたから」だと思う。時代に合った行動を、適切なタイミングで実行するとどうなるのか?この偶然の成功体験は、僕の価値を大きく変えた。

僕はこの後も、Webマーケティングにハマっていく。オリジナルドメインを持ち、オリジナルデザインサイトをワードプレスで作る。コピーライティングも試してみた。そして、短時間で高単価になりそうな患者に絞って、集客をコントロールした。それは時間と資金を作り、次のステージに進む為には必須な行動だと思ったからだ。

29歳〜31歳|成功 生きる意味 習慣 情報

[29歳~31歳]幸福度 ★★★★★

患者が増え、お金が回り始めた。客層を選ぶ事で、自分1人でやっていた院だったが、自由時間も出来た。僕はその時間とお金を、自分の情報選択および抽出能力に変えていった。その頃、世は検索力が求められる時代に変化していた為だ。大量の情報シャワーを主に耳から聞き、そこから本質を抽出する作業を毎日休み無く、数年間続けた。気になる人物がいれば、その情報源を集め、読み聞きし、その感性や思考回路を学んでいった。それは現代にも合った、自分の能力を最大限に開花させる、大切な習慣で有ったと思う。この作業は今でも継続していて、面白い。

30歳を過ぎてから、僕は自分の人生を生き始めた気がする。

32歳|コンサル IT革命 体調不良 人生の優先順位 雇用 日本1周

[32歳]幸福度 ★★★★ 

この間、会社を別に作り、他院へのコンサルもやってみた。同じ成功法則がコピー可能か、調べてみたかったからだ。結果、時代に合っていて、素直に他人が従ってくれれば、IT革命の本質はコピー可能だと分かった。しかし、コンサルという仕事は、成果の全てを他者の実行動に委ねる事になる。その点、僕には合わなかったのですぐに辞めた。

自院の経営も順調にいっていた時、次の転機が訪れる。1人でこなすには、ギリギリの仕事量になっている状況が続いていた。この最高な状況の中、最悪なタイミングで体調を壊す。そして早くも、僕の人生の優先順位は決まった。1に健康、2に時間、3に人生に目標・目的・やりがい・意味を持つ事へ。これを実現させる為に試行錯誤を続ける、そんな道へ方向転換した。

開業5年で、院経営全体をテンプレート化し、誰がやっても院内業務がまわるように仕上げた。そして1人でやっていた院を、院長含め他人を雇用するという方法で手離れさせ、自分へ更に健康と時間と体験を届けるという選択をした。

これによりできた時間で、体調が悪くサーフィンは出来なかったが、車で日本全国を見て周った。日本は大変素晴らしく、超文化豊な、サムライの国だった。ぜひとも再建不能な古いものは残し、IT大国になる日本をみてみたいと思った。

33歳|雇用失敗 外注 海外移住  

[33歳]幸福度 ★★

スタッフ雇用した院経営は2年間試した。しかし、これは大失敗だった。そもそも、雇用した事で手離れなんかしない。この時僕は、雇用という形態は、世から急速に減っていくのだろうと察知した。

雇用で失敗した次の手は、院を丸ごと外注し、再び自分から手離れさせようと試みた。これにより、僕は場所に縛られない時間を得る事になる。そしてすぐにこのチャンスを生かし、僕は33歳の時、日本を出た。何となく思い続けていた、日本を出ないとヤバイという気持ちと、より広い視点を持つ為に。それから、自分が何者か知りたくなってきた頃だったのも重なった。

34歳〜37歳|サーフィン再開 海外生活 共産国 バブル ダナン 事業譲渡 

[34歳~37歳]幸福度 ★★★

かなり長い間、海から離れていた為か、興味を失いかけていたサーフィンを再開。

4年ほど、波乗りが出来る海外をゆっくりと放浪した。その間、他のビジネスもやろうとしてみたが、情熱が出ずに中途半端で諦めた。

長い間、無気力ふわふわ状態を経験しながらも、日本には帰らず、海外生活にこだわった。

接骨院は、結局合計10年経営し、中国人実業家へ譲渡した。ベトナムでも強く感じていた、時代は中国のやり方なのかなと、思う瞬間でもあった。これにて、僕はようやく次の人生へ進む決意をする。しかしこの10年間、めちゃくちゃ学べた。一般学校教育が、いかに社会実務で直接的に使え無いものなのかも、この間にはっきりした。

実は、先に述べた事とは別に、海外に出たのには、他の理由もあった。それは、アレルギー源から逃れる為。日本に居た僕の身体は、顔の肌荒れや、手足のヒビ割れ、全身の痒み、咳、花粉症の諸症状等にとても悩まされていた。

海外生活では、ホテルやコンドミニアム、民泊を転々としたノマド生活を送っていた。以前から僕は引越しが好きで、日本でも最短3ヶ月で引越した事が何度か有る。海外では敷金・礼金や仲介手数料の負担が無く、家具付きなので、日本よりも引越しがしやすい。しかし、バックパッカーのように早い移動は好まず、月単位で各国に滞在していた。その滞在に選んだ場所は、アメリカサンディエゴ、東台湾、タイプーケット、そしてベトナムダナンだった。

サンディエゴは今でも大好きな場所ではあるが、差別、文化、物価が合わず。東台湾は空気も綺麗であるが、「人・物・金・情報」全てに弱く、自己成長に課題が有ると感じた。タイプーケットは、合わなかった。そして、2016年10月、プーケット帰りに、ダナンというベトナム第3の都市に立ち寄り、ダナンにハマる。

当時ダナンを選んだ理由は、僕が反応するアレルギー源が全くなかった事、経済発展が著しい事、物価が安い事、そして趣味のサーフィンが貸切りの海で楽しめる事だった。結局ダナンには、3年近くも居る事になる。共産国での経済バブル体験は、言うまでも無く、現代日本の常識は無かった。

約4年の海外生活で得た大きな事が2つ有る。1つは、「世の為・人類の為」など、広い視野で世の中を見るのが好きになった事。もう1つは、世界には実に様々な人がいる事を体感でき、これにより、日本国内で抑制されてきた「自分の個性」を素直に外へ出して良いと確信できた事。そしてこれらは、世界平和と発展における、本質的な部分だと気付けた事。

2019年1月からは、YouTubeやブログを使った情報発信に力を入れ始め、動画の面白さにハマる。

38歳|情報発信 YouTube ベトナム サーフィン SayamaMove 挑戦

[38歳]幸福度 ★★★

2019年8月からはダナンを出て、世界の今という波に乗る、というテーマの元、ユーチューブチャンネルとブログを中心に、情報発信を続けていく予定。

僕は、ただ人より少し早く動いただけで、5年という間、国内外で自由に過ごすチャンスを得た。ただタイミングが良かっただけで。なので、SayamaMoveでは、その鍵になる「次のタイミング」も探りながら、情報発信出来たらいいなと思う。

人類が初めて、国境無く繋がり始めた時代に生きている事は、本当に幸運だと、今日も思う。この現代で、自分がやりたいこと、面白いと感じることに、チャレンジしない理由は無い。

そしてこれからも、IT革命は僕を強力に後押ししてくれるだろう。

以上、自己紹介でした。今後とも、SayamaMoveを、宜しくお願い致します。興味を持って最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

Pocket
LINEで送る