2019年8月、この時期のファンティエットビーチは、朝から季節風のオンショアが吹いている事がほとんど。そのオンショアで、昼頃からサイズが上がってきて、満潮のタイミングが重なると、腰胸サイズで、ショートボードでも乗れる波になる。

ちなみに、干潮時でも膝腰で出来た。どちらのタイドでも波は早めのビーチブレイク。

晴れたファンティエットのビーチ

Sea Links前のテトラポイント、ここはベトナム人ローカルサーファーも数名居るビーチだった。しかし、半分くらいは貸切りサーフィンできた。

藁のビーチパラソルが有るファンティエットビーチリゾート

リゾートホテル敷地内へ波チェック。ホテルによっては、波チェック目的で入れてもらえない事も多々ある。ここのリゾートもロシア人が多い。ベトナムは、中国人、ロシア人、韓国人の観光客が多く集まる場所。距離的に近いだけではなく、選ばれる理由が明確に有ると思う。

ベトナムローカル料理を作るベトナム女性

メイン観光通りのベトナム料理屋が高くて不味いので、近所の住人しか行かないようなベトナム料理屋に行ってみた。

練った魚と牛肉が入ったべトナム麺料理

ブンという麺料理、ローカル適正価格で味も良い。やはり、観光地のベトナム料理屋の多くは、目先の金の事しか頭に無く、ダメだ。

着陸したドローンに集まるベトナムの子供達

ベトナムの子供は、サーフィンにも興味を示すが、デジタル製品の方が興味は強いと感じる。田舎の子供達は、いつもと違う事を求めているんだと思う。

ごみが溢れるファンティエットの海岸

ファンティエットのビーチも、観光地以外はゴミだらけ。流れ着いた物も有ると思うけど、それも含め、多くがベトナムから出たゴミと言っていいと思う。

海岸侵食で海が迫るベトナム住宅

海岸侵食で、住宅へ波が打ち寄せる。こちらもビーチはゴミだらけ。大人子供に関係なく、ポイ捨てや、家庭ごみの廃棄を海へ行っている人が居る。しかし、その行動を見て叱っている人は、まだ見た事がない。

インド料理チキンティカマサラ

インドカレー屋でチキンティカマサラを頼む。うまい。しかしその前に、店側でオーダーミスが有った。それを指摘したところ、バングラディシュ人マネージャーと思われる人物が、メニューをテーブルに叩き付けて、威嚇してきた。嫌な体験だ。

ファンティエットビーチの案内看板。

とって良いのは写真だけ、残して良いのは足跡だけ。数十年前に日本でも有った文句だ。ベトナムでも、観光地でこのような看板をビーチで見かけた。ごみだらけのベトナムビーチを考えると、現実は程遠い状況。

ベトナムを走るグーグルストリートビュー撮影車

ファンティエットで、グーグルストリートビュー撮影をする車両を見た。遂にベトナムも、ストリートビューを解禁するのか。だいぶ遅れているけど、そこは世界の潮流に乗るのかな。

丘から眺めるファンティエットのビーチ

高台から波チェック。いつも通りのオンショアで、サーファーは居ない。

道路案内看板。左折はムイネー、右折はファンティエット。

左はムイネー半島、右はファンティエット市街地。中間には、ロシア人だらけのリゾートビーチと観光通り。

ベトナムの田舎の学校へ子供を迎えに来ている親達。

学校に迎えに来る保護者のバイク。3人乗り、4人乗りもいて、子供はだいたいノーヘル。

新しい道路脇のコンクリートカーブが波のような形

道路脇の傾斜が、長い波に見える。ファンティエットには、新しい大きな道路がどんどん出来ている。しかも、まだ車両の通行が全然ない道も沢山。スケートボードが有ればなぁっと思った。

ファンティエットバイパスから眺めの良い海の景色が見える

絶景が広がる、美しい自然たっぷりのファンティエット。そのオレンジ色の砂地は広大で圧巻。

ファンティエットの波に乗るサーファー

このシーリンクス前テトラポイントは、リトルブッダ、スモールブッダまたはブッダ前などと呼ばれているようだ。人工物の堤防とテトラポットによって誕生した、ポイントブレイク気味のビーチブレイク。

干潮時以外は、ブイやロープへの衝突リスクが有り危ない。堤防内では、リフォームされた波が再ブレイクして、初心者でも楽しめそうだった。

岩場のファンティエット海岸に割れる波。

いつのまにかサイズアップし満潮、出来そうな波がある。風波を予想するのは、超難しい。

しかし、ご飯が優先。

タイ料理。レッドカレー。

休憩時間無く開いている、このレストランへ再訪。タイカレーを頼んでみたが、美味しくない。ベトナムの外食産業レベルは総じてまだ低い。1つ1つへのこだわりが薄い為だろう。

海外生活をしていると気付く。日本から外へ出て、質が上がるものは少ない。日本人が海外へ行き、日本と比較すると、不快や不便の経験の方が多くなる。一方で、個性が尊重された自由度は高くなるため、自分が平均値に存在する必要はなくなる。日本は、異常なまでに、皆んなで同じ意見や考え、平等を掲げている、多様性の無い、多様性後進国だ。平均値からの逸脱が厳禁な国が、日本。

ハンモックでiPad作業をする男性

ハンモックは、デジタル作業にもとても良い。ベトナムは、カフェや宿のソファーや椅子の品質が悪いので、正しい身体の姿勢を気にする僕には、ハンモックが救い。ちなみに、このハンモックは、とても臭かった。

泥だらけに汚れたスクーターを洗車するベトナム人

バイク洗車屋さんは、ローカル通りに見かける。1回100円くらいでやってくれるので、大変助かる。コーヒー屋と並んで、ぼったくり悪人が少ない職業の1つだと僕は思う。

ちなみに、僕がベトナムで、ぼったくりや詐欺的行為を受けた業種は、ドライバー、宿、レストラン、個人経営の店、価格表示の無い店など。ドライバーは、契約書を交わしても追加料金を請求してくる。その手口はいつも同じ。しかもその背景には、膨大な数の、ぼったくり未遂、詐欺未遂が含まれる。それらは、交渉とは言えない嘘や、後出しじゃんけんからなる。

つまり、嘘や後出しジャンケン対策こそ、ベトナム旅行を快適に安全にやり過ごす鍵だと僕は考える。

芝と木々が美しいファンティエットビーチリゾート

海沿いには、豪華なリゾートホテルが立ち並ぶ。そして路地裏通りは、貧困と向かい合わせ。日本は格差社会が、遂に現実的に感じる様になって来た。ベトナムでは既に、その差がハッキリと示されていて、どんどんと差が急速に広がっている。

濁った川に浮かぶ数隻のベトナム船

川に停留された船とボート。川の水は汚い。

バイクや徒歩のベトナム人が行き交うファンティエットの街

ファンティエット市街地。雰囲気の有る街。僕は、観光するなら、最先端または昔が残っている場所を好む。

ハラルマーク

ハラルマーク。酒や豚肉などを使用していない証明ロゴ。レストランや食品に表示されている。世界中にいる、イスラム教徒向け。

魚のすり身を天日干ししている

ビーチで魚介類の干し物をしているようだが、周りはゴミだらけ。商品ではなく、周囲のゴミに目が行ってしまう。

無人のビーチで割れる波。

ファンティエット市街地寄りのビーチ。川が近いせいか、海水は汚い。草むらには、痒い虫も多い。波チェックは、細い未舗装道路を使わなければならない。ベトナムサーフポイント開拓には、辛抱が必要。

ファンティエットの田舎、道路脇に屋台が並ぶ

ローカル屋台通り。この中から、綺麗目の美味しそうな店を選んで食べる。田舎だと選択肢が無いので仕方がない。衛生面の不安はいつも残るが、ベトナム3年目くらいから、胃腸が強くなってきたと感じる。人間は順応する生き物だね。

タイと日本のカップヌードル

タイと日本のカップラーメン。インスタント食品を日本で食べる事はあまり無かった。しかし、ベトナム田舎生活では、この味に助けられている。うまい。

ビンマートで炭酸水とチョコレートを買う

ベトナム以外の味を買い溜め。僕は酒を一切飲まないので、ソーダ水がその代わり。

スクーターの後ろにゴムバンド固定した無線スピーカー

小型で高音質なJBL無線スピーカー。音楽好きな僕らには必須な物。移動生活の為、物を少なくしないとならないが、これは外せない。ファンティエットの広く綺麗な道路に、音楽が合う。

美しい夕焼け空とヤシの木。

夕方のファンティエットビーチ前。この日の空は美しく、カリフォルニアの様だ。

夜のファンティエットビーチストリート。マッサージや薬局が多い。

このビーチ前の観光通り、バリ島やタイリゾートの様な雰囲気があって、旅気分にさせてくれる。しかし、バス、トラック、タクシー、トランジット(車種名)などの営業車を中心に、高速で飛ばして走行しており、のんびりした良い雰囲気を一撃している。ベトナムの交通は、ベトナム観光産業にとって、マイナス効果だと思う。他人を巻き込む可能性が高い違反、逆走、信号無視、スピード違反、飲酒運転等をどうにかして欲しいと、ファンティエットでも思った。観光客にとっても、重大な事故、または命に関わる部分である。

ロキシーとムイネーのロゴ看板

ファンティエットには、ロキシーやリップカールの店が有る。商品はアパレル中心で、サーフィン関連の物は弱い。サーファーが殆ど居ない中、高額なアパレルを買うのは誰だろうか。きっとこれは、先行投資やブランディングとしての店舗だろうと思う。

スパゲティと鳥の揚げ物料理

ファンティエット市街地にある、ピザチェーン店でスパゲティを頼んでみた。不味く、チェーン店の味とは思えない。完全なこの店オリジナルの味付け。ミートボールなんて、不味くて食べられなかった。

ベトナム田舎の旅は、宿と食事という、旅の2大要素で苦労する事を痛感してきた。もっとも、それらを作り出しているのは人である。

大きなコーヒーカフェ

Binって、ゴミ箱っていう意味でしょ。ワイン棚って意味も有りそうだけど。ベトナムでも、面白い店名が付いていたり、言語ミスを気にせずに使用していたりする。翻訳は誤りだらけだ。

ファンティエットのコンビニ

Mui Ne が近いから、ムイマートか。

ロシア語で書かれたファンティエットのドラッグストア

ロシア語で書かれた看板が溢れる、ファンティエットのメイン観光通り。その中でも薬局は多い。価格は高かった。

次は、ファンティエットからムイネー方面へ移動!

(2019年8月サーフトリップ記録。ベトナムビントゥアン省ファンティエット。)

Pocket
LINEで送る