スクーターで2時間、気温30度のファンティエットに到着。50kmほどのドライブだったが、日差しにやられてクタクタ。車社会から来た僕には、バイク移動は大変で、この暑さだとかなり辛い。

ベトナムはバイクの方が良い事も有るが、もし車を持てるなら、車の旅の方が良いと早くも気付く。しかし、ベトナムの車は、関税により異常に高い為、僕はその価値を見出せない。

ファンティエット街の川に浮かぶカラフルな船

ファンティエット街中の川に浮かぶベトナム船。街に滞在するのは2週間ぶりになる。30万人以上が住む海辺の街で有り、その東側は観光地でも有るため、食にも期待したい。

ファンティエット街のビーチ

ファンティエット初のビーチチェックはオンショア腰胸。ここは川も近いし海水が汚いので波乗りは無いかな。

ファンティエット街のビーチ

右には河口が有る。人が住んでいる場所の河口は海水が汚く、海に入る気が失せる。

ファンティエット街のビーチで日焼けを楽しむベトナム人と犬

右には日焼けを楽しむ人、左には日焼けを楽しむ犬。なんと、犬が単独、ビーチで日光浴している。

ベトナム犬の多くは自由に行動している印象が有って、繋がれている犬からすると羨ましいと思う。一方で、怪我や病気になっても、動物病院に行って処置や治療って事も無く、放置される事も。

自由とは責任で有り、その代償は自らが取る。犬も人間も同じ。自由になりたければ責任を取れ、責任を取れるなら自由になれる。

ファンティエットのメインサーフポイントと人工テトラポット

今回のファンティエットは、ここのビーチ前に宿泊。事前にファンティエット波情報を殆ど持たずに来たが、幸いにも良い場所を選択したと思う。

プレートに乗った魚とマッシュドポテトとトマト

ファンティエット最初のご飯。とにかく、田舎のご飯に飽きていたので、ベトナム料理以外を希望。海の前の観光通りにある、中途半端な時間でも開店していた、このレストランに決める。価格は高め、味はまぁまぁ。朝から夜まで開いているレストランなら、こんなもんかな。

ファンティエットのビーチ

近くのサーフポイント。ロータイドでいまいち、膝腰の波。サーファーは居ない。

ファンティエットのマンション、オーシャンビスタ

オーシャンビスタというリゾートプロジェクト施設。ここに1週間滞在。

ファンティエットビーチフロントのマンション

オーシャンビスタはAirbnbで予約、1泊500,000ドン(2,500円)くらい。ちなみに、ベトナムでは、宿泊の問題が多い。ここではベトナム人オーナーと不愉快なやりとりが有った。

日本と比較してはいけないね。

ファンティエットのビーチ、左には人工テトラポッド。

メインポイントになった目の前の海をチェック。人工テトラポッドが波を良くしていると思われる。

干潮時のファンティエットビーチ

目の前のビーチ右側の波は、干潮で良く無い。サーフィンに、潮回りは重要なポイント。ベトナムで言えば、干潮で波の良いサーフポイントは少ない。基本、中間から満潮が良い。それに、ボトムに衝突するリスクも低く、波の形も良くなり、沖へのカレントも出来やすく、安全度も高い。

足が海底に着くから干潮の方が安全、と思っているサーファーは、まだ海外でのサーフィンは考えた方が良い。せめて、2〜3kmは泳げるようにならないと、海では危険。

まるで顔のようなデザインのベトナム船

ビーチに並ぶベトナム船。目の模様が描かれている。

ベトナムの岩場ビーチ

サイズアップしたファンティエットの海。セットで胸肩。強まったオンショアで波が上がって来た。

干潮時、海岸侵食があるファンティエットビーチ

東側のビーチは、カイトサーフィンのサーフショップが多い。しかし海岸侵食が激しい。

腰サイズの波が割れるファンティエットリゾートのビーチ

干潮、腰腹、サーファーなし。リゾートホテル前。

ファンティエットの正面サーフポイント

オーシャンビスタ前の海、バイク駐車場は30,000ドン。通常の約10倍の価格で、これはぼったくりなのか、ファンティエットの物価が10倍なのか。

このようなふっかけてくる人物は、相場を知っている僕からすれば、旅が冷める瞬間で有り、無視する時である。外国人、ベトナム人観光客を含め、こんな体験が嬉しい人など居ない。

ファンティエットのビーチ、ジェットスキーが有る。

他のサーフポイントもチェックしていく。オンショアの影響を受ける腰胸か、風を交わした膝腰かの選択。

ベトナムボートが置いて有るファンティエットビーチ

小波でいまいち。冬に波と風が有れば、この辺りはカイトサーファーを中心に賑わう場所だと思う。

ファンティエットの小さなベトナム料理屋

ファンティエットビーチ前のメイン通りで、ベトナムの麺料理をいただく。汚い、高い、不味い。周辺のベトナム料理屋も高かった。もうこのビーチ前ストリートのベトナム料理屋には行かないと思う。

ファンティエットのサーフショップ、カイトボードやサーフボードが置いてある。

ファンティエットの東側、Nguyễn Đình Chiểu という通りが、観光の中心通りで有り、飲食もここで済ませる事が多かった。サーフショップもこの辺りに数件あった。カイトサーフィンがメインの、このサーフショップは、オンザビーチの良い立地。しかし、海岸侵食で小波であったにも関わらず、波が建屋の堤防に打ち寄せていた。

海岸侵食するファンティエットビーチに迫る波

ファンティエットの、特に東側の海岸侵食は激しい。かなり厳しい状況だと思う。

ファンティエットビーチに投入された人工リーフにぶつかる波

ファンティエットの東側海岸。既に人工物が投入されている場所も多い。

海岸侵食するファンティエットビーチにぶつかるショアブレイク

ここも波が建物間近に迫っている。

親鳥とひよこ達

鶏とひよこ。アヒルか。

身長程度の場所に設置された電線の束と佐山

切れたケーブルには近寄らない事。感電し死亡する事故も有る。雨など濡れている時は特に危険。電柱近くや、垂れた電線と接点のある水たまりも危ない。

玄関先で昼寝するベトナム犬

気持ち良さそうに寝ているベトナム犬。凶暴な犬も混ざっているから注意。ベトナムでは、狂犬病の可能性も低いながらある。

海からの風が吹く晴れたファンティエットビーチ

気持ちの良い眺め。先に見えるのは、ムイネー半島。ファンティエット=ムイネーと呼んでいるサーファーもいるようだが、ファンティエットの中にあるムイネー、と言うのが実態。つまり、ムイネーはファンティエットの一部。

ライフベストやラッシュガードを販売しているサーフショップ

サーフハット、ラッシュガードなど、サーフギアが並ぶファンティエットのサーフショップ。ここはたしか、リップカールの店だったと思う。そして、リップカールが、最もベトナムに進出しているサーフブランドに見える。しかし、売れているとは思えないので、大手企業だから出来る投資、なんだろうと思う。

ベトナムのコンビニエンスストア、ビンマートプラス

有れば利用してしまう、ベトナム最強のコンビニ、ビンマートプラス。ベトナムには個人経営コンビニのタップホア、と言う店が沢山有るが、このビンマートの勢いからして、人口が多い場所から順に、間も無く全滅だと思う。

しかし、これは大きな時代の流れ。このような大きな流れに逆らったり、阻止しようとするのは無駄である、と気付く人から成功へ近付くと思う。

雨上がりの夕方、ファンティエットビーチを丘から見下ろす

雨が降る、雨季のファンティエット。僕はギラギラ晴天よりも涼しい雨が好き。

インド料理、チキンタリ。

中華とインド料理は、どこの街にでも有る。インドカレーは、大体どこでも美味しく、本格的な調理で提供されているで、僕は必ず行く。しかも、安いし、腹持ちもずば抜けて良い。ここの味も良かった。

ベトナムのレストランでは、大小の規模を問わず、サービスは無いか悪い事がほとんど。注文通りに食事が提供されない事も頻繁に有る。日本人が常駐する小さなレストラン、または高級ホテルは、まともな事も多い。

そんな事から、僕はベトナムでは、出来るだけ不愉快な体験はしたく無いと考え、良かった同じ場所に何度も行く事が多い。

マッサージや薬局のライトが光る夜のファンティエットビーチ通り

夜のファンティエットのメイン観光ストリート。高速で、トラック、バス、営業車がバンバン通過する、ちょっと危険な通りでもある。

この通りの店の種類は、コンビニ、薬局、マッサージ、レストラン、ホテル、お土産屋など、ダナン等ほかの観光地と同じ。

(2019年8月サーフトリップ記録。ベトナムビントゥアン省ファンティエット。)

Pocket
LINEで送る