夏場のムイネーは、南西よりのオンショア季節風で波が上がってくる。この8月のムイネーは、毎日の様にオンショアがほぼ朝から吹き、時々強くなる。僕が滞在した期間の波は、風波で肩頭くらいまでは上がった。

夏のムイネーで波乗りが出来る条件は2つ。オンショアドン吹き最中か、岸付近のオンショアが弱まったタイミング。オンショアドン吹き最中が、波のサイズも力も有る。そもそものウネリが、近隣からの風波で力が無いため、オンショア風を交わす場所になると、サイズも力も更に落ちる。

ムイネービーチと高台

ホンロンビーチを掃除する人々。ここのビーチは、居住人口は少ないが、湾の奥に位置する為か、周囲からのゴミがどんどんと流れ着く。掃除をしても、潮の満ち引きだけで、ゴミだらけのビーチに戻ってしまう。

ホテル受付との価格交渉

ホテルの価格交渉の際は、必ず証拠を残すようにしている。VAT税10%を含むか含まないかも確認しないと、最終会計時に10%増しになる事も考えられる。責任の所在もコロコロと変わってしまうので、交渉したスタッフとの証拠くらいは画像で抑える。

ここのホテル、1泊500,000ドン(約2,500円)、朝ごはん付きで交渉できた。ちなみに、チェックアウト時の問題も無かった。

朝ごはん。チャーハン、トマト、スイカなど

ムイネーの宿泊先ホテル朝食。ベトナムでは、朝食にインスタントヌードルが出てくる事も多いので、ここの朝ごはんには満足した。

テーブル下に隠れる猫

ホテル朝食時、テーブル下でお溢れを待つ猫。

ホンロンビーチを眺める

初めての場所、波情報も無い、サーファーも居ない。こんな状況下の旅なので、できるだけ海の前に宿泊し、最大限に海を感じるようにしたい。良い波を掴む為にも、自然とリズムを合わせる事が必要。

ムイネーの砂丘と林の絶景

ムイネーは砂丘と木々が美しい。ベトナム絶景の1つだと思う。遠めから眺めるのが良い。

ムイネーのオレンジ色の砂丘景色、背後には海が見える

オレンジ色の砂は、ビントゥアン省特有の物。

砂丘の中に新しい道路をつくっている

アスファルトが布かれる前の道路。この場所も大規模開発が進んでおり、海岸線を塞いでいく。ベトナムの海岸線は、砂浜へのアクセスが悪い場所が多い。これからはもっとこういったリゾート開発などで、サーフィンはやりにくくなるだろう。

ムイネービーチに置かれた複数の丸いボート

サーフポイントを探しに、周囲をくまなく見ていく。この日も、波は良く無かった。しかし、自分がやりたかった事を達成していく過程に意味が有る、と感じる。僕は、サーファーの居ない海で波乗り生活をする、という夢を既に叶え始めた。

オレンジ色の鋭い岩と海

この場所らしい色の岩。波はオンショア。

リゾート開発されるムイネービーチ付近

リゾート開発地。自然そのまま、というのがなかなか許されない時代。

ムイネーの砂丘と林の絶景

ここの眺めも絶景。ムイネー周辺には、規模の大きな絶景が数多くある。絶景好きには良い観光地だ。有名観光地以外はどこも空いていて、のんびりと景色を眺められる。

広大なムイネー砂漠

ここにも砂丘。この辺りの土地全体が砂丘のよう。

道路標識と砂丘

日本と同じ道路標識、青看板。

左右対象に作られた田舎のニャギーホテル

ムイネーでホテル探しをしている時にチェックしたニャギー。田舎のニャギーには、窓が無い事が多い。音も筒抜け、隙間だらけ、お湯も不安定、盗難リスクなど、ベトナム田舎旅行は挑戦だ。

黄色い花と青空

蝶が飛んでいるこの辺りは、自然が多く残る証拠。花も綺麗。

バインカイン

ムイネー生活に、ローカルフードは欠かせない。ベトナム料理のお気に入り、バインカイン。好きな物フルトッピングが基本。このチャーシューは旨かった。

砂糖黍ジュース器

サトウキビジュースをいつもの屋台で頂く。屋台は、1人経営か家族経営なので、1度行けばボッタくるタイプの人かどうか判断できる。

さとうきびジュース

砂糖黍ジュース10,000ドン(50円)。

プルメリアの木と花

プルメリア。

パパイヤの木

旅人の木。

ホンロンビーチとリゾートホテル

今日は宿に、ベトナム人団体客が大勢。社員旅行のようだった。ベトナム定番の、同じTシャツを着て、酒、カラオケで盛り上がっていた。お決まりの爆音騒ぎだったが、強いオンショアで、それらの音も気にならずに済んだ。

ベトナムの豆腐デザート

移動販売のおばちゃんから購入。豆腐にはちみつが掛かったようなデザート。美味しい。好きなベトナム料理の1つ。

魚介類と計り

シーフードは、グラム売りで量の調整が可能。

漁師直売調理のため、魚介類がかなり安い。数日間、飽きるまでシーフードを食べ続けたが、5日目くらいで完全に飽きてしまった。

タコとホタテのバーベキュー

周囲はベトナム料理店のみ。慣れ親しんだ日本の味以外で生きていくのは大変で、大きなストレスになっている。おにぎりや味噌汁のあの普通の味は、実は特別の味だった。日本の文化成熟度はとても高い。

岩場で隠れて野糞

ベトナムでは、海岸をトイレやゴミ箱として利用している光景を頻繁に見る。排泄は小便に限らず、大便もする。なので、ビーチには人間の大便も転がっている。それは、シークレットポイントほど多い。

小便行為は、ベトナムのどこでも目にする日常。その行為は主に男性だが、大人の女性にも見られる。

さらに田舎の小さな子供は、日常的に玄関先でウンコをする。近所の人々にウンコ姿を見せるのだ。

漁師ビーチ

潮が上げると往来出来なくなるビーチ。行ったは良いが、帰れなくなると笑えない。潮周りは常に頭に入れておかないとならない。ここもビーチはごみだらけ。漁師ゴミも多い。

貝がみっしりと付いた岩場

貝が張り付いた岩場。生きたコーラルリーフの次に痛いリーフブレイクパターンがこれだろう。よく切れそう。

市場のような屋台の集まり

市場が無い場所でも、市場のような場所が必ず有るのがベトナムの田舎。営業は主に早朝から朝。ベトナム人は早起きする人がとても多い印象。

ゴミが流れ着いたホンロンビーチ

ホンロンビーチ。上げ潮に乗り大量のゴミがビーチに到達。

ごみが溜まったホンロンビーチ

掃除をしてビーチを綺麗にしても、ゴミの量には全く追いつかない。何故、こんなにゴミが多いのか。それは、海にゴミを捨て続けているからだろう。

ホンロンビーチ

干潮時は掃除の時間。

海岸のゴミ

ここで波乗りするのか、俺。

海から流れ着いた大量のごみ

海から届いたばかりのゴミ。ベトナムのゴミは、だいたいこの色味。

ホテルに住み着いた猫3匹

3匹の猫がこのホテルに住んでいる。

ムイネー商店街

ムイネー商店街。ムイネーの中心地は、ローカル色が強く、バイク自動車の運転は荒い。

ムイネービーチをチェックする佐山

波チェックへ行くが、暑いだけで、波は無い。

膝波が割れるムイネービーチ

力の無い小波が割れている、ムイネービーチ。

漁師とムイネービーチ

岬沿いに砂が溜まっていたりしないかな、と思ったが、反対に砂が無く、海岸侵食されていた。

リッピングする佐山。ドローン撮影。

波に恵まれ無かったムイネーだが、知らない場所で1人サーフィンをする行為は、「未知」との戦いであり、僕にとっては小さな挑戦の連続。

ムイネーのサーフポイントビーチ

ここは、冬のメインサーフポイントエリア。滞在中は、力の無い膝腰の波だけど、いつも貸切りできるポイントだった。というか、ムイネー全域、夏場はいつも貸切り、またはそれに近いと思う。

インドカレー

せめて週に数回くらいは、ベトナムの味から離れたい。周囲に日本食は無い。数十キロメートル離れたインドカレー屋まで、カレーの為に、バイクで走る。インドカレーは、満腹まで食べると、2食分は腹持ちする。

この日、食事の為だけに半日以上を使ってしまった。いや、移動の疲労も溜まり、それ以上の時間が消費されてしまったと思う。インターネットの普及で、距離が縮まったり無くなった部分は数多く有るが、食住に関しては、ベトナムの田舎じゃ全然ダメだ。

ムイネー砂丘を歩く佐山

観光地、ムイネー砂丘。ここは観光客が多く、人気が有るようだ。

ビナサンタクシー

ムイネーはこれで終了。移動日、北へ上がって行きます。荷物が多いな。

道路標識。左はファンティエット、右はホンロン。

ベトナムで、初めての地を移動しながら旅をする。いつまで続けられるか。

夕方、ムイネーのビーチに生える木々

(2019年8月サーフトリップ記録。ベトナムビントゥアン省ムイネー&ホンロム。)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA