ファンティエットの次の地は、ムイネー。ベトナムでサーフィンが出来る場所と言えば、ダナンかムイネーの名前が上がる程、サーフィン知名度が有る場所。サーファーは、カイトサーファーを中心に多くこの地に居るようだ。

ムイネーは、ファンティエット東側辺りを指す。ファンティエットの多くのサーフポイントがムイネー内に有る。

主なサーフポイントは、上のグーグルマップ東海岸側で、冬が中心。僕は2019年の夏に訪れたが、海にサーファーは誰も居なかった。

ムイネー市場

ムイネー半島に有る、ムイネー市場。この市場を中心に、小さなムイネーの町がある。外国人も数名見かけたが、外国人向けの店はほぼ無く、ローカル向けの町だった。

ムイネービーチを見下ろす

ムイネー半島も他と変わらず、海岸線沿いは、漁師向けの入り組んだ区画整理のされて居ない居住区か、リゾート開発がされている。

ゴミとボートが見えるムイネービーチ

ムイネー半島からファンティエット方面を撮影。広大なオレンジ色の土地が美しい。しかし、ビーチには多くのゴミが散乱している。

ゴミだらけのムイネービーチ

ムイネー半島の漁師町。もし波が有っても、このゴミの量だと安全に波乗り出来ないかもしれない。

ムイネー漁村住宅地

海の前の住宅街。このような高低差が有る土地は、迷路のようになっている上、段差や坂も有り、移動に苦労する。海岸に出るまでの間に迷ってしまう事も有る。

ムイネー西海岸の漁村。丸いボートが並ぶ。

ムイネーのローカルビーチは、裸足で歩く事は出来ない。

ムイネー漁村の干し魚

大量の干し魚。この日、気温は30度近く有る。

ファンティエットに来てから、気温が高く、天気も良いので、日焼けと熱中症対策が必須。この旅で、熱中症には何度もやられ、体力も気力も奪われた。

日陰の土でお腹を冷やし、体温調節する犬

お腹を冷やすベトナム犬。ムイネーも放し飼いが基本。

ココナッツジュースを飲む佐山

各場所ごとに、お気に入りの店や屋台を見つけると、一安心する。コーヒー、ココナッツ、サトウキビジュースは、ムイネーではいつもここで買った。

ベトナムでも、きちんと仕事をする人と、そうでない人がいる。仕事のレベルが安定的に高くローカル価格帯の場所に、地元民が集中するのがベトナムの特徴でもある。

僕が店を選ぶ時に好むのは、人の出入りが多い場所、整理整頓が出来ている店、店主が仕事に対して情熱が有り且つ常駐している店、などが僕が選ぶ基準になる。特に、情熱が全て、と言っていいほど重要。

犬が居る飲食店が多いのもベトナム 。犬はそれなりに癒されるが、衛生的にはとても汚いので、僕はそんな店は好まない。ベトナムでは、犬を触った手を洗う習慣はない。というか、手を洗う習慣が有る人はとても少数派。

ベトナム海岸線の旅に、まともな飲食店の選択は少なく、その点、辛い状況が続いている。

ムイネー東海岸のサーフポイントを見下ろす

ムイネーのサーフポイントビーチ。リゾートホテル前か、人が住んで居ない場所の前なら、波乗りできそう。この日の波は小さく、力の無い膝腰。サーファーは居ない。

ムイネー半島南部の壮大な見晴らし

ムイネー半島の先端には、綺麗な景色が広がっている。このような海が見える高台には、墓地が有る事も多い。ここもそんな場所だった。

ムイネーのローカルビーチ

ここは漁師が活動しているビーチ。両サイドはサーフポイントだろう。ビーチはとても汚く、とても臭い。

魚の死骸や、蛆虫がわくムイネーのローカルビーチ

リゾートホテル間にある、漁師ビーチ。今までのベトナムのビーチで一番臭い。ゴミの中には、ウジ虫がわいていた。

ムイネービーチの蛆虫

上の画像、白く細長い物は、蛆虫。ムイネーのサーフポイントビーチの印象を大きく下げた瞬間だった。できれば、こんな場所で波乗りはしたくない。

牛達が散歩中

田舎旅では、牛の群れや散歩は珍しくない。牛が自由に散歩出来る場所が、まだまだ残っている。ルールが緩いベトナムの良さ。

ムイネー北部の海岸線

道路脇に見えるこの海岸でも波乗りが出来る。

ムイネーの海岸線

冬場のメインサーフポイントエリア。何度か乗れそうな波を見た。

ワニ肉メニュー

海岸近くのこのレストランには、ワニ肉料理があるようだ。他にも、様々な肉が有った。

牛の大群がビーチを散歩

今までに見た事のない、牛の大群。動物好きには良いけど、ビーチの排泄物は多くなる。

赤土が目立つムイネービーチ

赤土で泥々のこのビーチ、冬のメインサーフポイントだろう。この時期、夏はサーファーが少なく、ここもその気配すらない。波も膝くらいで、小さ過ぎて乗れない波。

新しい広い道路にはまだ車両は少ない

ファンティエット市街地からムイネーにかけて、とても綺麗で幅も有るバイパス道路が、長々と続いている。景色も空気も良く、快適なドライブが出来てマジ最高。

ベトナムでも、田舎では移動距離が長い。なので、車生活が最適だと思う。僕の様にスクーターだと、移動で疲れて1日が終わってしまう。

快適なドライブができるムイネーの道路

両脇には広大な砂丘が広がっていたり、プロジェクト開発が進んでいる。もしこのまま開発が進めば、今とは全く異なる街の表情になるだろうし、この道路の交通量は一気に増えるだろう。

ムイネーのローカルバイク修理屋

ローカルバイク修理屋は至る所に見られる。オフロードを走る事が多い僕のバイクタイヤへ、空気を入れてもらう。

ちなみに、僕はこのようなローカル店は、空気を入れる程度でしか利用しない。それは、何度も痛い経験をして、目が肥えてきた為。

ベトナム人にとっての修理とは、その場に限定した超短期視野でされる事が多い。修理後の今動いても、明日は動かなくなる、そんな事が本当によくある。中古部品に変更され、グレードダウンされてしまう事も普通。

僕はベトナムで学んだ。素人だとよく分からない事の依頼、蓋をすると中が覗けない物の依頼、電子機器の修理、歯科や外科医療、料理、これらは信用が有って成り立つものだと。

青空と飛行機雲

ムイネーの空と飛行機雲。晴れた夜、星空がとても綺麗に見えた。

ムイネー商店街のパニーニ

ムイネーの町で食べた、ベトナム料理以外の物は、このパニーニのみ。ベトナムの味に飽きているので、助かる。

エビと豚肉のバインセオ

僕は、バインセオが1番好きなベトナム料理かもしれない。理由は、いつも出来たてが食べられるから。そして、オープンキッチン調理で、安全度も衛生面も高め。生野菜は、他の客の食べ残しを使いまわしていたりと、衛生面から考え、食べない。

ホンロンビーチで魚を販売する漁師

ホンロンビーチで魚介類を売る漁師。その場で調理してもらい、食べる事もできる。場所によっては安く、とても美味しい。

ビーチに溜まる貝殻とゴミ

ホンロンビーチも例外なく、ゴミだらけ。プラスチックゴミが目立つ。まだベトナム海岸線の旅は出だしなのだが、汚い海岸線に先行き不安視している。

僕の旅の事前イメージは、綺麗な海水と景色の中、順序よく崩れるポイントブレイクを貸切りで楽しんでいる。そんな感じ。しかしこのまま行けば、そんな状況はまず無い、と容易に判断できた。

ホンロンビーチ

遠浅のホンロンビーチ。鵠沼海岸みたいだ。波は無し。

夕焼けと青空の中間

(2019年8月サーフトリップ記録。ベトナムビントゥアン省ムイネー&ホンロン。)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA